ホーム製品情報アクセル見守り隊®>製品の特長

 

アクセル見守り隊®

ペダルの踏み間違いによる急発進を防止!! アクセル見守り隊R SAG297
製品の特長

万が一の踏み間違えに備えて

突然のハプニングに慌てて、正常な判断ができないパニック状態は、すべてのドライバーに起こり得ます。ブレーキのつもりで踏んだペダルがアクセルだった場合、パニックに陥りさらにアクセルを踏み込んでしまうケースもあり、重大事故につながりかねません。

万が一の踏み間違えに備えて

※10km/h以下での前進・後退時に作動します。
本製品は、万が一アクセルとブレーキを踏み間違えても車両の急発進を防止しますので、パニックに陥ることなく冷静に正しい運転操作に戻れるようサポートします。

※クリープ現象により車両はゆっくり前進または後退します。
SAG297本体+切替スイッチ

クリープ現象とは…
アクセルペダルを踏むことなく、エンジンがアイドリングの状態で車両が前進・後退する現象のこと。

停車中・徐行中の急発進を防止

アクセル信号を常時モニターし、停車中または徐行※1中にアクセルペダルが急激に踏み込まれた際、アクセル信号を制御し、急発進を防止します※2。同時に本体から警告音を発しますので、踏み間違えたことを音で認識することができます。

※1:10km/h以下での前進・後退。
※2:クリープ現象により車両はゆっくり前進または後退します。
停車時・徐行※時の急発進を防止

アクセル・ブレーキ同時踏み時も安心※1

アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏み込んでしまった場合でも、アクセル信号を制御し、ブレーキ動作を優先します。その際ブレーキペダルだけを離してしまっても、アクセル信号を制御し、急発進を防止します※2

※1:この機能を使用するにはブレーキ信号線の接続が必要です。車両配線を傷つけずに接続できる車種別ブレーキハーネス(別売)も用意しております。詳しくは最新適合情報をご確認ください。

※2:クリープ現象により車両はゆっくり前進または後退します。

アクセル・ブレーキ同時踏み時も安心

機能の一時OFFも可能

機能を一時的にOFFにすることが可能。急こう配の坂道発進時や交差点での右折時など、機能を一時的にOFFにすることでスムースな運転ができます。再度アクセルを踏むと機能が自動的にONに戻りますので、設定し忘れの心配はありません。機能のON/OFFの状態はスイッチのLEDの点灯によって一目で確認でき安心です。

スイッチ寸法:W14×H20×D7.4(mm)
コード長:2.0m
手元で機能のON/OFFができる

5段階でアクセル踏み込み感度調整

アクセルの急踏み込みを検知する感度レベルは5段階で設定可能。ドライバーの運転に応じた調整が可能です。

5段階設定可能

※初期設定値は、レベル1(感度:強)

安心設計

アクセルセンサーなど重要な部品を加工・改造しませんので、車両自体に搭載されている安全システムに影響を及ぼしません。万が一運転中に本製品が機能停止しても、それが原因で車両が暴走するようなことはありません。

急踏み込み/同時踏み込みの回数メモリー

アクセルを急踏み込みした回数、アクセルとブレーキを同時踏み込みした回数のメモリー機能を搭載。後で運転者の運転状況をチェックすることができ、状況に応じて運転者に注意喚起などをすることができます。

※車種別ブレーキハーネス(別売)併用時、またはブレーキ信号線の接続時。