ホーム製品情報ドライブレコーダー>注意事項

ドライブレコーダー

高精細ウルトラワイド録画 ドライブレコーダー DVR3000
注意事項

ご購入前に必ずご覧ください

ダッシュボード上など運転者の視界内に設置する場合は、下記を参照の上保安基準に従って設置してください。保安基準に反する設置をおこなった場合、車検に通らないばかりか視界不足による思わぬ事故の恐れがあります。
  ■前方視界に関して
運転者が通常の運転状態における視点において、下図のポールが直接確認できるように取り付けてください。



■直前側方視界に関して
運転者が通常の運転状態における視点において、下図のポールが直接またはミラーやカメラ画像で確認できるように取り付けてください。



※いずれの基準も左ハンドル車の場合は左右逆となります。
本製品を前方の視界を妨げる場所や、運転に支障が出る場所に設置しないでください。保安基準に反する場所に設置した場合、車検に通らないばかりか視界不足による思わぬ事故の恐れがあります。 
エアバッグの動作を妨げる場所には、絶対に取り付け・配線しないでください。エアバッグが正常に動作しなかったり、動作したエアバッグで本機や部品が飛ばされ、事故やけがの原因になります。
内蔵の充電池が充電不足になっていると正常に起動しない場合があります。
自動で起動しない場合はMENUスイッチを押して起動させてください。
初めてご使用になる場合は、充電不足になっている場合がありますので、数十分程度充電することをお奨めします。
本製品は12V車専用です。
シガー電源ケーブルは必ず付属品を使用してください。
本製品の分解や改造は絶対におこなわないでください。
車体から脱落しないようしっかりと装着してください。
本製品は防水仕様ではありません。必ず車内に設置してください。
本体及びシガー電源ケーブルは、運転の邪魔になったりエアバッグの動作の妨げになったりするような場所には設置しないでください。
本製品使用時はフロントガラスをきれいに清掃しておいてください。フロントガラスが汚れていると、録画映像が曇ったように見えてしまい正常に録画できない場合があります。
付属の3.5φミニプラグ-RCA変換ケーブルで出力した映像は、縦横比が実際とは異なります。
2系統のAV出力端子の同時使用はできません。
解像度(RESOLUTION)を1920×1080/30fps(HDR)に設定している場合、WDRは使用できません。WDRをONに設定してもメニューを閉じると自動的にOFFに切り替わります。
本製品を使用して発生した人身・物損事故、車両の故障、または破損、安全義務違反による罰金・減点等に関しての責任は一切負いません。
Webサイト上で使用している映像または写真はイメージであり、実際と異なる場合があります。
製品の仕様、価格及びデザインは改良のため予告なく変更する場合がありますが、ご了承ください。
製品名称及び適合情報は著作権法で保護されています。webサイトに記載の一部、または全部(デザイン含む)をデータシステムの許諾・許可無しに無断で転用・複製・改変・掲示・頒布・販売・出版等行うことを固く禁じます。
本製品は日本仕様車専用に設計されています。故障や事故などの原因となりますので、海外仕様車への取り付けは絶対に行わないでください。また、日本国外での取り付け、販売及び使用を禁止しています。日本国外で使用されたとしても、弊社は一切の責任・保証を負いません。
This product is designed for Japanese specification vehicle. A serious breakdown and accident might be caused when install it in an oversea specification vehicle. And sale, installation or use outside of Japan is prohibited.The manufacturer is not responsible for use of this product outside of Japan.
Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

内蔵電池について
本機には充電池が内蔵されていますので、お取り扱いには十分ご注意ください。
危険(※守らないと破裂や発火・液漏れの原因になります)
分解や改造は絶対におこなわないでください。
加熱したり燃やしたりしないでください。
警告(※守らないと法律違反により罰せられる場合があります)
本機または内蔵電池を廃棄する場合は、お住まいの自治体に処理方法ご確認ください。