ホーム製品情報サイドアンダーカメラキット>注意事項

購入はこちら

サイドアンダーカメラキット

車種ごとに専用設計したカメラカバーでサイドカメラをスマートに装着
注意事項

ご購入前に必ずご覧ください

本製品を装着する際の重要事項
本製品を装着する際に直前直左鏡(ガッツミラー)を取り外しますので、本製品と共に別途フロントカメラも装着して直前直左の視界を確保し保安基準に適合させる必要があります。直前直左の視界の詳細については下記「直前直左の視界基準」をご参照ください。

直前直左の視界基準
通常の運転状態における運転者の視点から、斜線の範囲に設置した高さ1m、直径0.3m のポールが直接またはミラーやカメラ&モニターで確認できるようにしてください。

フロントカメラについて
当社では直前視界の確保用としてエンブレムフロントカメラキット FCK-67HS3・ビルトインカメラ BIC263・マルチVIEWカメラ MVC811 をご用意していますので、車両の仕様などに合わせて本製品と共にいずれかを装着することを強く推奨します。

それぞれの仕様等については各製品Webページにてご確認ください。
エンブレムフロントカメラキット
リアカメラ,バックカメラ,バックアイ,MVC811 ビルトインカメラ リアカメラ,バックカメラ,バックアイ,MVC811 マルチVIEWカメラ
リアカメラ,バックカメラ,バックアイ,MVC811

※MVC811を使用する場合、ナンバーステー NS-1を使用した取り付けは保安基準不適合と判断される可能性があるため、ナンバーステー NS-1は使用せずにフロントバンパーなどに直接取り付ける方法を推奨します。


また、ナビやモニター1台に本製品とフロントカメラの映像を同時に表示(2分割画面表示)させたい場合はマルチカメラスプリッターMCS296 をご使用ください。

マルチカメラスプリッター
自動車販売店(ディーラー)の対応及び車検について
自動車販売店によっては、直前直左鏡を取り外した車両に対して定期点検や入庫を拒否する場合があります。また、指定工場・認証工場・陸運支局によっては、車検を受ける際に直前直左鏡を取り外した車両に対して保安基準不適合と判断する場合があります。

以上について、十分にご理解頂いた上で本製品を装着して頂けますようお願いします。本製品を装着したことによるトラブル等に対し、当社では一切責任を負いません。
 
注意事項
取り付け作業前に、必ずバッテリーマイナス端子を外して車両側の電源を遮断してください。電源を遮断しない状況での取り付けは、ショートや感電など重大事故につながります。
本製品はDC12V車専用品です。
電源ハーネスは必ず付属品を使用してください。付属品以外は使用できません。
取り付け作業前に、必ずバッテリーマイナス端子を外して車両側の電源を遮断してください。電源を遮断しない状況での取り付けは、ショートや感電など重大事故につながります。ただし、バッテリーマイナス端子を外す前に、消えると困るラジオのメモリー内容などをメモしておき、取り付け完了後に再入力してください。入力方法については機器の取扱説明書をご参照ください。
車両側および本製品の配線を傷つけないよう、配線の取り回しには十分ご注意ください。また、車内に水が浸入しないよう適切な防水処理をおこなってください。
本製品の分解や改造は絶対におこなわないでください。
車体から脱落しないようしっかりと装着してください。
電源ハーネスは切断して使用しないでください(延長は可)。電源ハーネスには電源回路およびヒューズが接続されていますので、これらを切断してしまうと正常動作しなかったり車両側の故障の原因となります。
取付説明書に記載されている方法以外の取り付けは絶対におこなわないでください。
付属のピン端子ケーブルの長さが足りないときは、別途延長ケーブルをご用意ください。
カメラ映像は、視野角やレンズ形状などから実際の距離とは距離感が異なります。
カメラに電源が入った直後や、カメラの使用中にカメラ映像の明るさや色あいが変化することがありますが、これは周囲の明るさをカメラが検知し映像補正するために発生する症状ですので、故障ではありません。
自動洗車機などによる高圧洗浄はおこなわないでください。内部に水が浸入して故障の原因となる場合があります。
本製品のカメラ本体は、必ずカメラカバーとセットで車両に装着してください。
電源ハーネス上の電源部は熱を持ちますので、本製品の動作中や動作後しばらくは絶対に触らないでください。
本製品のみを装着しても直前直左鏡の視界を確保することはできません。必ず本製品と共にフロントカメラも装着し、直前直左の視界を確保してください。
Webサイト上で使用している映像または写真はイメージであり、実際と異なる場合があります。
本製品の取り付けは、必ず専門の知識・設備のある取扱業者で行ってください。
本製品のカバーはウレタン製です。塗装する際は専門業者に依頼してください。塗装には専門の知識が必要です。
本製品を使用して発生した事故、違法行為、車両の故障または破損などの責任は一切負いません。
製品の仕様、価格及びデザインは改良のため予告なく変更する場合がありますが、ご了承ください。
製品名称及び適合情報は著作権法で保護されています。webサイトに記載の一部、または全部(デザイン含む)をデータシステムの許諾・許可無しに無断で転用・複製・改変・掲示・頒布・販売・出版等行うことを固く禁じます。
本製品は日本仕様車専用に設計されています。故障や事故などの原因となりますので、海外仕様車への取り付けは絶対に行わないでください。また、日本国外での取り付け、販売及び使用を禁止しています。日本国外で使用されたとしても、弊社は一切の責任・保証を負いません。
This product is designed for Japanese specification vehicle. A serious breakdown and accident might be caused when install it in an oversea specification vehicle. And sale, installation or use outside of Japan is prohibited.The manufacturer is not responsible for use of this product outside of Japan.